青の創作漫画ブログ

まな板の上で君と待ち合わせ㉜

125.gif 

126.gif 

127.gif
 

部下に慕われてます

 まな板の上で君と待ち合わせ㉜は前回の千夏と愉快な部下たち編の続きです。
 千夏は部下に好かれており、日下部は先輩たちに牽制されてしまいました。大胆不敵に図々しくも千夏の旦那の座を狙っている日下部は先輩たちに妨害されても決してめげないでしょう。彼ならキャラの濃い弟ともなんだかんだで仲良くやっていけそうな気がします。
 麗は仕事が休みの日は食事を食べにおいでと真夏に強制的に誘われています。確実に太らせようと重たいスタミナ系の食事ばかり与えられているようですが、平気そうに食べています。

スポンサーリンク

サスペンスドラマも変わりつつある

 最後に真夏が持っているのは灰皿(鈍器)ですが、料理人なら、めん棒とかフライパンにすればよかったなと後から思いました。灰皿とかサスペンスドラマの見すぎか。いや逆にリアルで恐いわ。凶器は大体重たいガラスの灰皿か部屋に置いてある高価な花瓶、もしくは銅像とかトロフィーみたいなものだと思いこんでいるところが私の中にありましたが、そういったベタな展開のサスペンスドラマはもうあまり見ませんね。崖の上で犯人を追いつめるとか、分かりやすくて良いと思うのですが、サスペンスドラマも変わりつつあるのでしょうね。
 あいだ17
そしてどんどん餌付けされいく麗は次回辺りで体重計に乗って事の重大さに気づくことでしょう。やせねば…!と。
関連記事

スポンサーリンク

Copyright © BLUE TONTON All Rights Reserved.