青の創作漫画ブログ

まな板の上で君と待ち合わせ⑯~㉒

61.gif63.gif 


62.gif 
64.gif



65.gif 


66.gif67.gif 


68.gif 


69.gif 


70.gif 


71.gif 


72.gif




スポンサーリンク

73.gif 


74.gif 


75.gif 


76.gif 


77.gif 


79.gif 


78.gif 


80.gif 


81.gif



82.gif


83.gif 


84.gif
スポンサーリンク

85.gif 


86.gif 


87.gif 


88.gif
89.gif90.gif91.gif 

92.gif 

デート編

  まな板の上で君と待ち合わせ⑯~㉒はデート編です。真夏と麗が釣りに出掛けます。
麗の趣味は釣りです。釣り女子って最近多いらしいです。近所の子が「ダムにバス釣り行ったんだ!」と楽しそうに話しているのを聞いたことがありますが、釣りに行くなら海だろ!!ということで海までツーリングです。ちょうど真夏の趣味がバイクなのでタンデムしてもらいました。
 子どもの頃、祖父に海釣りに連れて行ってもらっていましたが、そのときの生餌を見た私の気持ちは上の真夏と一緒です。まだエビちゃんとかならいいけどゴカイやイソメは無理…ってなります。ダンゴ虫も大人になると触れなくなりました。子どもの頃は瓶に入れて集めていたのに…何故…。
 真夏が魚を釣り上げたとき叫んでる「フィーッシュ!」という掛け声、解る人は同じ世代です。グランダー武蔵のおかげでこの頃ルアー釣りがすごく流行った気がします。

2人の過去

 そして今回、真夏と麗の幼少期について描き、麗の従姉妹である花純が登場しました。真夏は両親がともに警官なので家にいないことが多く、姉も寮に入っていたので寂しい幼少期を過ごしています。そこで料理することに出会い、料理を食べてくれた両親が喜んでくれたから料理人を目指します。
 麗は両親を事故で亡くし、叔母夫婦に引き取られ、従姉妹の花純と一緒に育ちます。特に不自由なく育ちますが、花純は自分のせいで麗が笑うことしかできなくなったと自分を責めています。この設定は後付けです。第1話で麗が目を開けたコマがひとつもないので、微笑くんみたいにしよう!と思い立って目を開けた場面があまりなかったのですが、花純が麗に固執する理由が欲しかったのでこうなりました。花純ちゃん、ごめんね。
関連記事

スポンサーリンク

Copyright © BLUE TONTON All Rights Reserved.